調理方法

下記の項目をクリックしてご覧ください。

らくらく料理 生細うどんの茹で方
  お吸い物 太い生うどんの茹で方
  中華そばのスープ 茹でたうどん(そば)の食べ方
  茶碗むし うどんだし 300ccの使い方(応用編)
  旬の葉野菜のおひたし   肉じゃが
  肉じゃが   旬の葉野菜のおひたし
うどん(そば)のメニュー   お吸い物
  キムチそば   中華そばのスープ
  肉うどん(そば) 生麺の美味しい調理方法
  卵とじうどん(そば)
  野菜あんかけうどん

生麺の美味しい調理方法

、大き目の鍋(10Lくらい、なければ3〜5L)にたっぷりの湯を沸かします。
、沸き立ってきたら麺をよくほぐして振りまくように入れます。
   10Lなら麺3人前迄、3〜5Lなら2人前程度を目安にしてください。
、再沸騰するまでは、あまりかき混ぜないでください。麺が回る程度の火加減で、吹きこぼれないように5分ほど茹で、網かザルですくい出します。
、茹で上がった麺を流水で手早くもみ洗いした後、氷水に数分ひたして冷まします。冷水で麺をよく締めると、コシが出て美味しく召し上がれます。
、水を切って氷を敷いた皿に盛り、きざみ海苔をのせて出来上がり。別添えのざるだし冷やしめんつゆ(薄めずそのまま)につけて、お召し上がりください。

                           このページの目次に戻る

生細うどんの茹で方
大きめの鍋( 10Lくらい、なければ3〜5L)にふきこぼれない程度の湯を沸かします。(火加減は麺が回る程度の強さです。)沸き立っているところに麺(10Lなら約500gまで・3〜5Lなら約250gまで)をほぐして入れ、3〜4分ほど茹で、網かザル で救い出し、あらかじめ熱くしておいた「うどんだし」をかけると出来上がり。また、ざるうどんで食べる場合は、水にさらし冷たくして下さい。
                           このページの目次に戻る

太い生うどんの茹で方
大きめの鍋( 10Lくらい、なければ3〜5L)にふきこぼれない程度の湯を沸かします。(火加減は麺が回る程度の強さです。)沸き立っているところに麺(10Lなら約500gまで・3〜5Lなら約250gまで)をほぐして入れ、20分ほど茹で、網かザル で救い出し、水で洗い、ザルにとっておきます。
※釜揚げで食べるときは、水洗いをしないで茹で上がりを、そのまま鉢に入れます。

このページの目次に戻る


茹でたうどん(そば)の食べ方
大きめの鍋( 10Lくらい、なければ3〜5L)にふきこぼれない程度の湯を沸かします。沸き立っているところに茹でた麺をテボかザルに入れ、湯せんします。麺が浮いてきたら、あらかじめ沸かしておいた「だし」の中に入れます。

                               このページの目次に戻る


うどん(そば)のメニュー
キムチそば
だし1人前約300ccを鍋に入れ火をつけ、きざんだ薄あげを入れる。沸いてきたら鉢に移し上からキムチをのせて出来上がり。

このページの目次に戻る


肉うどん(そば)
だし1人前約300ccを鍋に入れ火をつけ、玉ねぎを入れる。沸いてきたら、ねぎと肉を入れ、一煮たちしたら出来上がり。(お好みで山椒、または山椒のきいた七味を)

このページの目次に戻る


卵とじうどん(そば)
だし約300ccを鍋に入れ、沸いてきたら卵 (だしを少し入れるとふんわりとする)を回し入れ、5秒ほどで出来上がり。みつば(ねぎ)を添えると美味しい。

                              このページの目次に戻る


野菜あんかけうどん
だし約300ccを鍋に入れ、千切りにした白菜、人参、竹の子、椎茸等を入れ、沸いてきたら、水溶き片栗でとろみをつける。おろし生姜を添えると美味しい。

このページの目次に戻る


らくらく料理
お吸い物
うどんだし300ccに水300〜600ccを加え火にかける。沸いたら「塩」を二つまみ程度入れると出来上がり。

このページの目次に戻る


中華そばのスープ
うどんだし300ccに水100ccと中華スープの素小さじ半分位を加え、スライスした生姜、ねぎのぶつ切り、お好みでスライスしたにんにくを入れ、一煮たちさせ、」キッチンペーパーで漉したら出来上がり。

このページの目次に戻る


茶碗むし
うどんだし300ccを水150ccでうすめ(450cc)その半分(225cc)の卵と合わせ、よくとぎほぐし、ザルで漉します。お好みの具と、合わせ卵のだしを茶碗に入れ、ふたをし、蒸し器に入れ、強火で2〜3分蒸したら弱火にし、10分ほど蒸します。串をさして、でてきた汁が透明に澄んでいたら出来上がり。

このページの目次に戻る


旬の葉野菜のおひたし (春菊、ほうれん草、三つ葉、小松菜等)
うどんだし300ccに砂糖大さじ1杯、薄口醤油大さじ1杯を足し、火入れし、冷ましておく。沸騰した湯に(春菊、ほうれん草、三つ葉、小松菜)なら根元から入れ、数秒したら全体を湯につける。4〜5秒で取り出し、流水につけ、熱がとれたらザルに取り出しておく。(三つ葉なら数秒)水気を軽く絞り、できればだしで洗い、軽く絞る。葉野菜のシャキシャキ感を味あうなら、そのままだしをかけて食す。味を沁みこますなら1〜2時間だしに漬け込んでおく。

このページの目次に戻る


肉じゃが
玉ねぎ、人参、糸こんにゃく、牛肉、ジャガイモを軽く炒め、うどんだし300ccあたり砂糖大さじ1杯、薄口醤油大さじ1杯を足したものを、材料がひたひたにかぶる位入れる。中火でことこと煮込み、汁気が少なくなったらグリンピースをちらす。

                              このページの目次に戻る


うどんだし 300ccの使い方(応用編)

肉じゃが

<基本だし うどんだし600cc +上汁180cc +砂糖 大さじ2杯  ・・・小鉢で約20人前くらい>

玉ねぎ、人参、糸こんにゃく、牛肉、ジャガイモを軽く炒め、上記基本だしを材料がかぶる程度の量を入れ、中火でことこと煮込む。人参とジャガイモが柔らかくなったら、グリンピースを入れて少し煮込めば出来上がり。

                                このページの目次に戻る


旬の葉野菜のおひたし(春菊、ほうれん草、三つ葉等)
<基本だし うどんだし300cc +濃い口醤油上汁大さじ2杯 +みりん大さじ2杯>
基本だしに火入れをし、冷ましておく。沸騰した湯に葉野菜を根元を先にら入れ、20秒ほどで全体を湯につける。1分ほどで取り出し、流水につけ熱を取る。冷めたら水気を絞り、だしで洗う。上記だしに1時間ほどつける。

このページの目次に戻る


お吸い物
<基本だし うどんだし300cc +水300〜600cc +塩一つまみ +酒小さじ1杯>
上記基本だしを温めて(鍋はだ全体に気泡がでてくれば良い)、好みの具(豆腐、とき卵、そうめん等)を入れて出来上がり
                              このページの目次に戻る
中華そばのスープ
<基本だし うどんだし300cc +水50cc +中華スープの素小さじ半杯>
玉子麺を袋から出し、電子レンジで2分加熱します。同時に上記基本だし350ccに、豚肉、キャベツ、もやし等を入れ1煮たちさせ、こしょうをかけ、小口切りしたネギを添えて出来上がり。

このページの目次に戻る